イエウールの机上査定の使い方

イエウールの一括査定では、「訪問査定」と「机上査定」が選べます。

訪問査定とは?

査定をする不動産会社の担当者が、現地まで物件を見に行き、建物の傷み具合や周辺環境をチェックするものです。
当然、査定価格に担当者が見たものが反映されるので、査定額が高くなることも安くなることもあります。

一般的には、プラス査定と言って、査定額がアップすることがほとんどです。

机上査定とは?

訪問査定と違って、担当者が実際の物件を見ることなく、過去の成約事例から坪単価を割り出して売却価格を算出します。
机上査定では、実際に物件を確認していないので、おおまかな査定額しか提示することができません。

分譲マンションの査定ならば、「机上査定」で十分と言う不動産担当者も多い。

机上査定のメリット

イエウールの机上査定は、不動産屋にいちいち対応する煩わしさがありません。

訪問査定の場合、売主が対応するスケジュールを確保しなくてはなりません。
不動産会社の営業も、物件を見てすぐに帰るわけではなく、販売戦略や自社の宣伝などを説明しだすので、一社あたり一時間は見ておいたほうがいいでしょう。

簡単に現在の資産価値を知りたいとき、将来家を売るときの参考にしたいとき、「机上査定」を利用するのが良いのではないでしょうか。